たばこ

2019年7月4日 喫煙と歯周病について

近年電子タバコや非燃焼式・加熱式タバコ(新型タバコ)が普及し、従来式の燃焼式タバコに比べると新型タバコは「煙が出ない」「体への害が少ない」「受動喫煙がない」と誤った認識をされ急速な広がりを見せていますが、新型タバコの使用と病気や死亡リスクとの関連性についての科学的根拠が得られるまでにはかなりの時間がかかります。

そのため当院では新型タバコや燃焼式タバコは両方とも歯周病を悪化させるものとして患者様に禁煙指導を行っています。

 

【新型タバコの種類】

近年電子タバコや非燃焼式・加熱式タバコ(新型タバコ)が普及し、従来式の燃焼式タバコに比べると新型タバコは「煙が出ない」「体への害が少ない」「受動喫煙がない」と誤った認識をされ急速な広がりを見せていますが、新型タバコの使用と病気や死亡リスクとの関連性についての科学的根拠が得られるまでにはかなりの時間がかかります。

そのため当院では新型タバコや燃焼式タバコは両方とも歯周病を悪化させるものとして患者様に禁煙指導を行っています。

 

【新型タバコの種類】

  1. 電子タバコ

液体(リキッド)を加熱してエアロゾルを発生させて吸引するタイプ

(液体(リキッド)にはニコチンを含むものと含まないものがあり、含むものは日本では未発売)

  1. 非燃焼式・加熱式タバコ

iQOS glo PloomTECH など

  1. 電子タバコ

液体(リキッド)を加熱してエアロゾルを発生させて吸引するタイプ

(液体(リキッド)にはニコチンを含むものと含まないものがあり、含むものは日本では未発売)

  1. 非燃焼式・加熱式タバコ

iQOS glo PloomTECH など

 

電子たばことたばこ

 

 

 

 

 

【喫煙がなぜ歯周病を悪化させるのか】

タバコの煙に含まれる一酸化炭素は組織への酸素供給を妨げ、ニコチンは一種の神経毒で、血管を縮ませてしまうため体が酸欠・栄養不足状態になります。

ニコチンは体を守る免疫の機能も狂わせてしまうため病気に対する抵抗力が落ちてしまいます。さらに傷を治そうとする線維芽細胞の働きまで抑えてしまうため歯周病の治療をしてもなかなか歯周病が治りません。

 

 

喫煙者の歯

 

 従来式の燃焼式タバコも新型のタバコ(ニコチン未含有電子タバコを除く)もニコチンは含まれているためどちらも歯周病を悪化させてしまうのです。歯科衛生士や歯科医師が歯周病の治療をしたうえでみなさんが歯磨きを頑張ってくれたとしてもタバコを吸っていない方に比べると歯周病の治りが悪いことも多くあります。禁煙をすると「歯周病へのかかりやすさ」は4割も減ります(日本歯周病学会HPより)。術後の治療経過も禁煙に成功した方はタバコを吸っていない方とほとんど差がなくなります。

「禁煙しなきゃ…」と思っていてもなかなかできないものですが禁煙治療に保険が適用される医療機関もありますので、自分の歯や体のことはもちろんご家族や大切な方のためにも禁煙する勇気を一歩踏み出してみましょう。

 

 

歯科臨床研修医

2019年4月15日 歯科医師臨床研修施設について

当医院は厚生労働省より指定された歯科医師臨床研修施設となっております。

歯科医師臨床研修施設とは卒業して間もない若手の研修医に対し、一般的な診療において基本的な診療能力を身に着けるための学びの場であり、研修施設に指定されるためには、歯科医師として7年以上の実績を積んだ指導医の在籍や、医院の滅菌体制など様々な条件を満たさなければならないのですがそのすべてをクリアし、国に認められた施設であるという事です。

 

早乙女歯科医院は東京にある日本歯科大学附属病院と提携をしており、研修医の受け入れを行っております。

当院の魅力に惹かれ首都圏からでも距離を気にせずに来てくれる研修医の先生も少なくありません。そういった先生方は志が高い事が多いです。

 

前置きは長くなってしまいましたが、本年度は2人の先生が研修に来てくれていました。

8カ月という、長いようで短い期間に治療部門、成人のメインテナンス部門に小児のメインテナンス部門と各診療科を回り、一般診療のみならず、顕微鏡を用いたマイクロエンドといった専門的な治療の見学や小学校へ訪問ブラッシング指導の参加といった多くの事に、誠実に一生懸命学んでくれました。

 

3月で研修終了となり、2人の先生方は各々の理想とする診療を目指して巣立っていきますが、来年度も早乙女歯科医院ではやる気のある研修医を募集しております。

興味のある先生は積極的に見学に来てみてくださいね!

 

 

臨床研修医

 

 

 

 

チェックアップ

2019年3月12日 高濃度フッ素配合歯磨剤について

日本で販売されている歯磨き粉の多くにはフッ素が配合されています。

そのフッ素が平成29年3月から、新しく1000ppmを超える高濃度のフッ化物を配合した歯磨剤が認可されたのをご存知ですか?

今まではISO(国際標準化機構)基準の1500ppmを大きく下回る1000ppm以下に規制されていましたが、平成29年3月に厚生労働省は1000ppm以上1500ppm以下の製品を医薬部外品として承認しました。

WHOによると、フッ素濃度1000ppm以上の歯磨剤ではフッ素濃度が500ppm上昇するごとに虫歯予防効果が6%ずつ上昇すると評価されています。

この承認を受けて、市販の歯磨剤でも1450ppmの歯磨剤が販売されています。

これから歯磨剤を選択する際にはぜひパッケージに“高濃度フッ素配合”と書いてあるものを選んでいただくことを推奨します。

もちろん当院でも1450ppmの歯磨剤やジェルタイプのものも販売しておりますので、気になる方は担当の歯科衛生士や受付にお尋ねください。

 

チェックアップ

 

Check-up standard ¥594

Check-up gel    ¥630

※6歳未満の小さなお子さまには使用できません。

 手の届かないところでの保管をお願いします。

 

また、フッ素を最大限に活用できる方法もありますのでそのご紹介もさせていただきます。

 

★トゥースペーストテクニック(イエテボリ法)

 

通常の歯磨きとうがいをした後に・・・

①歯ブラシにフッ素入り歯磨き粉かcheckupジェルを3~5歳は5㎜以下、6歳以上は1㎝程度出す。

②2分間歯に塗布する(途中吐き出さない)

③歯磨き粉を吐き出さずに少量の水で30秒ぶくぶくうがいを1回行う。

④その後2時間飲食しない

 

毎日の歯磨きに有効的にフッ素を取り入れて予防をしていきましょう!!

体操

2018年10月30日 『口腔機能低下症』の検査・予防・治療について

加齢に伴い、虫歯や歯周病、あっていない入れ歯などのお口の中の状態による原因に加えて、全身的な病気や食生活などによってもお口の中やその周りの機能が若いころと比較して低下しやすくなっています。そのようなお口の周りの機能が低下する状態を、『口腔機能低下症』といいます。これをそのまま放置するとお口の中が乾いたり、舌や口唇の運動機能・筋力の低下により、噛む力や飲み込む力などが低下してきます。

そのため、当院では65歳以上の患者様の口腔の機能や生活環境、全身状態を把握するため、いくつかの検査をさせていただき患者様それぞれに合った口腔機能の管理を行うことで『口腔機能低下症』に対する予防・治療をさせていただいております。

 

全身の健康はお口の中の健康が深く影響しています!

 

 

821サロン

2018年10月4日 歯みがき 練習

10月の821クラブは、毎年恒例の『ハロウィン製作』です。今年は、歯ブラシを入れることができるかぼちゃのミニバッグを作ります。

子ども達には、かぼちゃのミニバッグに絵を描いてもらいます。それぞれ思い思いにかぼちゃ一面に絵を描いて、楽しんでいます(^^)
出来上がったミニバッグは、それぞれの個性が出ていておもしろいですね!

 

821サロン

 

歯ブラシを入れることができるミニバッグなので、歯みがきを好きになるアイテムの1つになれたらうれしいです(^_^)

そして、製作のあとは歯みがきの練習タイムです!

821クラブの歯みがきの練習では、自分で歯をみがく練習もします!まだきちんとみがくことはできませんが、小さい時から自分で歯をみがくという習慣が大切です!

おうちの方の仕上げみがきより、自分みがきの方がみんな好きなようで、みんな楽しそうにやってくれます( ^ω^ )

この調子で、仕上げみがきも頑張りましょう!

 

 

次回は、パネルシアター『はみがきしゅんくん』です!

☆821クラブでは、平日の午前中、各個人の診療前に保育士と一緒に歯科に関する活動を行い、歯科衛生士とブラッシング練習をします。親子で一緒に楽しみながら健康な口腔育成の知識を深めましょう。

 

 

※写真は全て保護者の許可を得て撮影、掲載しています。


Top

Copyright©2017 Saotome Dental Clinic All rights reserved