インプラント

2018年11月27日 インプラント等、保険外診療の医療費控除について

 

インプラント

医療費控除は、所得税の一部が還付される制度です

医療費の合計が年間で10(所得が200万円以下の場合、所得の5%)超えた場合、申告すると税金の一部が戻ってきます。

10万円以上という金額は、生計を一緒にする家族全員の医療費を合わせたものです。

*インプラントにかかった治療代は、医療費控除の対象になりますので、税務署への簡単な確定申告でお金がもどってきます*

インプラント診療を行った場合は忘れずに確定申告時に申請してください。場合によってはかなりの控除額になります。

 

医療費控除の申告は、医療機関に支払った治療費の領収書のほかに、通院にかかった交通費の合計を出します。

(自家用車の燃料代は対象外です)

所定の申告書に記載して提出すれば、後日、指定した口座に還付金が振り込まれます。歯医者

※医療費の控除などの還付申告は、確定申告の時期を過ぎても5年間はできます。

場合によっては治療費の半分以上が還付されるケースもあります。
詳しくは国税庁等のページをご参考下さい。

インプラント治療 イラスト

2018年8月3日 インプラント ブリッジ 義歯  治療方法の比較

インプラント ブリッジ 義歯  治療方法の比較

病気や事故で大切な歯を失ってしまったり、生まれつき歯が足りないときなど、欠損している

ところに歯を補う方法としてインプラント以外にブリッジと入れ歯があります。

それぞれの治療方法のメリット、デメリットについてお話していきます。

 

インプラント イラスト

 

インプラントは、すべての患者さんに適用できる治療方法ではありません。

インプラント治療を成功させるには、全身の健康状態、口腔内の衛生状態がよく、充分な骨の質と量が必要です。

インプラント治療が適しているかを判断できるのは、歯科医師です。

また、より良い治療結果を実現し、インプラントを長く保つためには、歯科医師による綿密な治療計画が必要不可欠です。
事前に費用や術後のメンテナンスなどの説明を受けて、よく理解した上でインプラント治療を開始することをお勧めします。

 

歯を一本失った場合

ブリッジ イラスト

ブリッジ治療

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。

メリット
・短い治療期間となります。

 

ブリッジ イラストデメリット
・両隣の健康な歯を削る必要があります。
・削られた歯への負担が増加します。
・歯を失った部分の骨がやせていきます。

 

 

 

インプラント治療 イラスト

 

インプラント治療

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。

メリット
・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・天然歯に近い見栄えです。
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
・口元を気にせず、自然に話すことができます。

デメリット
・健康保険が適用されない治療となります。
・簡単な手術が必要です。

 

 

歯を一本失った場合

ブリッジ治療 イラスト

ブリッジ治療

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。

メリット
・短い治療期間となります。

 

ブリッジ治療 イラストデメリット
・両隣の健康な歯を削る必要があります。
・削られた歯への負担が増加します。
・歯を失った部分の骨がやせていきます。

 

 

 

インプラント治療 イラスト

 

インプラント治療

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。

メリット
・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・天然歯に近い見栄えです。
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
・口元を気にせず、自然に話すことができます。

デメリット
・健康保険が適用されない治療となります。
・簡単な手術が必要です。

 

歯を複数本失った場合

部分入れ歯 イラスト

部分入れ歯

部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。

メリット
・短い治療期間となります。               

 

部分入れ歯 イラスト デメリット
・バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
・バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
・違和感を感じることがあります。
・歯を失った部分の骨がやせていきます。

 

 

インプラント治療 イラスト

インプラント治療

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。

メリット
・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・天然歯に近い見栄えです。
・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
・口元を気にせず、自然に話すことができます。
・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット
・健康保険が適用されない治療となります。
・比較的簡単な手術が必要です。

 

歯を全て失った場合

総入れ歯 イラスト

総入れ歯

個人に合わせた総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。また、上あごの場合は、口蓋も覆います。

総入れ歯 イラスト

メリット
・短い治療期間となります。

 デメリット
・入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
・硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがあります。
・味覚に影響する場合があります
・入れ歯と歯茎の間に食べた物がはさまる場合があります。
・あご全体の骨がやせることがあります。

 

 

インプラントを用いた入れ歯

インプラントを用いた入れ歯

安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

メリット
・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・天然歯に近い見栄えです。
・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
・口元を気にせず、自然に話すことができます。
・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット
・健康保険が適用されない治療となります。

 

治療を受けた方の感想

53歳 女性 栃木市在住

先天的なものもあったと思いますが、私は歯医者嫌いと無知、インプラント

甘いもの好きにより年々自分の歯が少なくなり、ついにはブリッジが壊れ部分入れ歯となり、

そのストレスから夕方になると顎の疲れや頭痛に悩まされ続けました。

そのギリギリのところでインプラントのことを知りました。

しかし手術に対する恐怖や金銭面のこともあり、かなり逡巡したのですが

この最悪の状態から脱したいとの思いは強かったのです。

そして1年余りついに3個のインプラントが完成、その他の歯もすべて治療した現在

”やってよかった”の一言に尽きます。

痛みに対しては麻酔があり、結果を考えると金銭的にも納得。

私のような超神経質でメンタル面の臆病な人間でもインプラントが出来ましたことは

何より主治医の納得のいく説明と私を理解し対応してくれた優しさにあります。

あたたかいスタッフの皆様、安らぎの音楽、みーんなありがとうございました!!

30歳 男性 真岡市在住

私は完治までに2~3年かかると言われ、正直治療が続けられるか不安でした。今まで長続きしなかったので・・・。

しかも口の中に少しでも異物感があると嘔吐反応が出てしまう体質で治療が困難を極めるのではと思いましたが、担当をしていただいた早乙女院長先生が少しでも反応が出ると

「大丈夫ですか?」と私のコンディションに合わせながら治療していただきました。長年むし歯を放置していたので治療する本数も多くて大変なはずなのですが、一本一本妥協せず丁寧に治療していただきました。

抜歯した時も痛みも少なくその日の夜に「痛みはないですか?」とスタッフの方から電話をいただき安心できました。他の医院ではこんな気配りを受けた事がなかったので感動を覚えました。

手術も何度か受けましたが、個室で設備も整っていて清潔で周りも気にならないので気分的に落ち着いて治療を受ける事が出来ました。色んな治療を受け技術の高さを身をもって体験出来ました。

先生方、スタッフの皆様には心より感謝しております。完治までの2年4カ月いつも励ましていただき細やかな気配り、治療最終日に花束までいただきありがとうございました。早乙女歯科医院に出会えて心から良かったと思いました。

これからもよろしくお願いします。

62歳 女性 栃木市在住

本心はインプラントに半信半疑でしたが、インプラントの仮歯が入った時はなんて画期的な物が出来たのかと思ったら本歯はもっと良いすばらしい感激でした。今は生まれた時からもっていた歯の様です。

私のお気入、初対面、なれ合いになっても年齢・職業・地位等の身分制度を聞かない所が良く、相手を思いやる心、人を肩書きだけで判断しない接客、全スタッフが差別なく気持ちよいあいさつをいつも長きに渡りしてくれたこと。

 

インプラントガイドサージェリー

2018年4月25日 インプラント治療におけるガイデットサージェリーについて

当院ではインプラント手術にガイデットサージェリーを行っております。

ガイデットサージェリーとは、専用のソフトウェアを用いて、コンピュータ上でインプラント治療を計画した後、手術用のガイドを作製し。ガイドを用いてインプラント手術を行うことです。

これにより計画通りの位置にインプラントを埋入することができ、より安全に正確に治療を行うことができます。

ガイデットサージェリー 治療ステップ

  1. CT検査

インプラント

 

CTにより顎の骨や血管・神経の走行などを3次元画像で確認します。

 

 

  1. 診断・インプラント計画

CTのデータをもとに、インプラントの上に入る人工歯の形態、およびインプラントの埋入位置・角度・深さなどを決定します。歯科医師・歯科技工士がチームとなってCTデータを共有し、コンピュータ上で手術から人工歯装着までの治療計画を立てます。具体的には、人工歯の形態、使用するインプラントの種類とインプラントを埋め込む位置・角度・深さなどを計画します。

 

  1. サージカルガイドの作成

計画通りの正確な手術を行うため、CT上での治療計画に基づいて専用のサージカルガイドを作製します。

 

 

  1. サージカルガイドを使用してインプラントを埋入します

製作したガイドを口の中に固定し、専用の器具を使用してインプラントを埋入します。これにより、コンピュータ上で計画した通りの位置・角度・深さとなるよう正確なインプラント手術が行えます。
インプラントが理想的な位置に埋入されれば、機能性や審美性に優れた人工歯の作製が可能になります。

 


Top

Copyright©2017 Saotome Dental Clinic All rights reserved